動機づけ

給与が上がることは悪いことではありません。しかし、そのためには企業の

成長が必要で、具体的には売上をどんどん上げて、利益を出すことが求めら

れます。


高度成長期ならいざ知らず、少子高齢化社会で、就労人口が激減していく日

本においてどこの企業も『右肩上がり』を継続して行うことは容易なことで

はありません。


また、ある分野は伸びても、ある分野は現状維持、または減退となるのは世

の常です。


そんな中、金銭的な報酬をどうしたら良いのか、どこの企業も頭を悩まして

います。


高い給与を出すことで、優秀な人財を引き寄せることは確かにできますが、

その人たちが給与によって高いパフォーマンスを上げるとは言い切れません。


特に、創造性が求められる高度な仕事をする人たちにとっては、「ぶら下げ

たニンジン」は役に立たないそうです。それどころか、金銭的報酬が他の動

機(例:社会的圧力、満足感、賞賛)の効果を壊したり、引き下げたりして

しまい、マイナス効果を生むそうです。


ある実験によると、「ぶら下げたニンジン」によるパフォーマンスの改善が

みられるのは、単純作業の職種だけだそうです。


お金は人を惑わします。


優秀な人財が、モチベーションを持って仕事に打ち込めるようにするには、

松明を持ったリーダーが示す道に、一緒に戦う仲間たちと立ち向かう環境を

整えることです。


もちろん目標を達成したら、平等に褒賞を分けることが大切ですが...。


生きがいは、人生を豊かにしてくれます。


島崎ふみひこ

異文化コミュニケーション研究所(R)

https://www.globalforce.link/

日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用