日本人は、所作(しょさ)を大切にする民族です。


美しい所作を追求することで、人としての「極み」に導かれると考えている

と言えるでしょう。そのため、今でも、親は子供に単なるスポーツや学習塾

とは異なった所作を学ばせる「〇道」に通わせ、鍛錬を通じて人間性を高め

たいと思っているのだと思います。


茶道、書道、華道、柔道、香道、剣道、武道、居合道


Wikipediaによると「道」とは、


>>中国哲学上の用語の一つ。人や物が通るべきところであり、 >>宇宙自然の普遍的法則や根元的実在、道徳的な規範、美や >>真実の根元などを広く意味する言葉である。


>>老子によれば、道とは名付けることのできないものであり >>(仮に道と名付けているに過ぎない)、礼や義などを超越 >>した真理とされる。天地一切を包含する宇宙自然、万物の >>終始に関わる道を天道(一貫道ともいう)といい、人間世 >>界に関わる道を人道という。


とあります。


不思議なもので、茶道で行う所作には「なぜ?」ということがたくさんあり

ます。それを質問すると「そのようなものです」という返事が返ってきます。


「道」には、論理や、理屈だけではない世界があり、それに無心で従い続け

ることで、不思議とそれに慣れ、不思議と心が落ち着き、不思議と美しくな

っていく...。


元々は中国が発祥の智慧ですが、日本でそれが成熟したように感じます。


私たち日本人は、その価値に気づいていませんが、外国人の多くが、その文

化の深さに感動し、その心の豊かさに心を動かされるようです。


異文化コミュニケーションの基本は、己の文化に自信を持ち、それを自信を

持って表現することからスタートしなければなりません。私たち日本人はど

うしても、己の土俵の上で戦わず、相手の土俵の上で戦う癖があるため、ど

うしても劣勢になってしまいがちです。


相手に合わせるのではなく、今まで歩んできた「道」を見つめ直すこと、対

等の関係を持つことができます。


異文化コミュニケーション研究所(R) https://www.globalforce.link/ 日本企業のダイバーシティ教育、高度外国人財の採用・活用




0回の閲覧

Contact Us

株式会社フィギュアネット 異文化コミュニケーション研究所(R)

〒221-0057 神奈川県横浜市神奈川区青木町3-15 SSビル201号室

Tel. 045-307-8248

© 2020 ICCC(Institute for Cross-Cultural Communication) all rights reserved.