• operator

ANA、JAL、JTB…超人気企業の採用中止は「就職氷河期」の前触れである

コロナ禍で来年度新卒採用見送り企業が続出する中でも、加藤勝信官房長官は「第2の就職氷河期世代は作らない」と言い続けている。だが、この発言をそのまま受け止めるのは危険だ。すでにリーマン・ショック時に迫るほど就職内定率は低下しているのだ――。


https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/201218/ecd2012181017002-n1.htm




1回の閲覧0件のコメント